スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花とテーブル

前回ご紹介したインアウトの屋外飲食所のテーブルです。

テーブル

たぶんこれ、車いすの人が食べやすいようなユニバーサルデザインだと思うのですが。やるなアメリカ!
スポンサーサイト

花とハンバーガー

インアウトというアメリカのハンバーガーチェーンでお昼を取りました。味はおいしかったです!どちらかというとマクドナルドとかよりはモスバーガー的な味付けでGOODでした。野菜も見た目よりずっと新鮮です。量も少し多い程度で全部食べ切れましたw アメリカの飲食店は何処も本当にボリュームが多いです。

インアウト

ちなみにアメリカのファーストフードはドリンクに関してはほとんどのお店がセルフサービス、飲み放題のドリンクバーです。これで6.75$だったかな。安いですねー

花と車輪

仕事場には毎日レンタカーで向かいます。アメリカと言えば車社会というけれど本当に車社会・・・ 多民族国家というのを反映してか物凄くバラエティ豊かです。日本車もかなり多いです。数が多いのは日本車、アメ車、あとドイツと韓国かなぁ。。。我が愛するイタリア車はほとんど無いです。目立つのはトヨタ、日産、フォード、ベンツ、サーブ(スウェーデン)、MINI、KIA、ヒュンダイですかね。意外とアウディとかBMWは少ないイメージでした。そして私の愛車であるイタリア車はほとんど(たぶんまだ一台も)見てません(笑)人気無さ過ぎでしょう><

車

今回借りたのはクライスラーのタウンアンドカントリー(だったかな)という車。アメリカ車なのでまぁそこそこ大きかったから取り回しが不安でしたけど、乗ってみると意外と使い勝手が良い・・・というか車以上にアメリカは道が広いのですね~ 何車線もあるのがまるで普通のような感じで、一本一本がまた太い。アメリカはなんでもBIGだという事を実感しましたw

あと印象に残った車がマスタングかなー ホントによく走ってます。しかも格好いい。今欲しい車ナンバーワンですな(駄

花とロケット

さて、ロサンゼルスまで12時間弱あります。長い… 食事の後はすぐ寝る事にします。花はどうも時差ボケに強いようで特に対策を考えないでも良いようです(普段からボケているから・‥?いやいや)国際線の航空機は大きいだけあって揺れも少なく快適です。よく眠れる事でしょう。

成層圏?


ちなみに今回はこの位置ですので着陸時にはスラストリバーサーの展開が間違いなく見られるでしょうね。楽しみです。それにしても高度が高い。あまりに高いのでまるで宇宙を飛んでいるような景色です。目が覚めればすぐロサンゼルス。そこから車で一時間ほど移動したところに仕事場があります。また忙しい日々が始まります。それでは皆様、おやすみなさい。

花とブタさん

成田に着くとラウンジで一休み。2時頃着で5時の便ですからゆうに3時間は時間があります。お昼がまだでしたので軽くカレーを頂く事にします。ラウンジは飲み放題の食べ放題なので沢山食べたくなりますが5時の国際便ならすぐに機内食が出て来ますからね。いよいよ日本を出てしまうので友達やらにメールで挨拶を済ませます。「機内食って憧れるよね‥‥‥」なんて人も居ましたが。何処まで食いしん坊なのだあなたは…

今回はビジネスクラスで行ったので夕食も多少豪華?でした。今回和食と洋食が選べて「機内食に和食なんてあったんだ?」と思いながら和食を注文。しばらく和食は食べられなくなりそうですしねw

機内食


写真は前菜でそのディッシュが終わるとメインがでてきたのですが、豚の角煮は写真を撮る前に食べちゃいました(おぃ)メインディッシュは当然お魚とお肉が選べるのですが、私の周りだとお魚を頼んでる人は居なかったかなw とにかくアメリカに行く前に美味しいご飯が食べられて良かった~ 機内食に憧れるという友人にはしっかり自慢しておかなければいけませんねw

花とウィングレット

5月某日(某母の日)、花姫♪は仕事をする為に海外に出立致しました。やっと仕事も落ち着いてきたので短い文章ですが少しずつブログを更新していきたいと思います。目標は予約投稿も交えつつ毎日更新です(どうなることやら

さてまずは国内線に乗らなければいけません。今回の便は地元の空港から成田まで国内線で2時間程移動してから成田からロサンゼルス空港までの移動となります。

国内線はエコノミー席での移動です。航空機も小さいのでかなり揺れます。

ウィングレット

自分の座席位置はここです。なかなか良い席ですね。見所はウィングレット、エルロンと後縁フラップとスポイラーでしょうか(景色じゃないんかい)スラストリバーサーもかない聞けますが展開の様子は見えません。残念。今回はボーイングの機体ですので翼が本当に大丈夫か?と言うくらいバインバインしなります。これはエアバスとの大きな設計思想の違いで、エアバスは機体全体を硬くして剛性を保つのに対しボーイングは柔らかくする事で振動や負荷を分散しているそうです。だからボーイングの方がどちらかというとキャビンの揺れが少ないんだとか。それにしても地上では不安な程、主翼はふにゃふにゃしまくりです。こわいこわい。それに対して空を飛んでいる間はぴたっと形が決まっているわけですから、航空機という物は「飛んでいる状態」と言うのが自然なのかも知れません。

とか言ってる間に成田に着きました。明日はラウンジからLAXまでの道程をお送りできるかな?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。