スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

轟戦旗の憂鬱

あまり人気がないですが轟戦旗ファフニールいいですよねぇ

旗っていうのがいいよねぇ


轟戦旗ファフニール

轟戦旗ファフニールは長らく伝説上の存在と思われており、

古くはファーイースト地方の神話の中にもその原型を見ることができる。

その神話は次のようなあらすじになっている。



この旗はある寒い朝、海岸を歩いていた幼い兄妹が虹の彼方よりきたれし神

クトゥルーより授かったとされている。ファフニールはすぐに王に捧げられ、

戦争のさなかにあったファーイースト王国を勝利に導くための道しるべとなった。

ファーイースト王は心優しき王であり、はじめは自国防衛のために戦争を始めた。

ところが次第にファフニールの美しさに取り付かれたかのように気が触れてゆき

次から次へとアクロニアを支配してまわった。

王の豹変振りに民は恐怖し、口々に噂した。

ファフニールは血を吸う旗で王はその狂気に取り付かれていると。

やがて王はアクロニア全土を支配した。

しかしそれでも飽き足らず、海を越えて進出しようとしたそのとき、

海の領域を侵されまいとしたクトゥルー神の怒りに触れ、

アクロニア本土を覆う嵐に国中が見舞われた。

それは1000日の間やむことがなかったという。

時の王族はみな死に絶え。旗もその行方は知れぬままとなった。




この神話では旗は消失したことになっているが、

ちょうど時期をあわせるように、各地の神話では

「戦乱を導く旗」の存在がちらほら登場する。

アクロニア中世の貴族戦争を書いた文献や、

サウス連邦に残る政権争いの構図にもその姿が見え隠れする。

その共通している点が赤い旗だという点と、

それを手にしたものはいずれ狂気に取り付かれて滅ぶという二点である。



ながらくその存在が否定されていた轟戦旗ファフニールだが、

先日のFVG社の発表によるとクジラ岩最下層で発掘された「発掘品」

であるらしい。また本当に歴史上登場するファフニールと同一かどうかは

詳しく解析するまでわからないとのことだった。




スポンサーサイト

Comment

No title

旗ダサかったので斧にしました!

No title

ファフニールの人気がってよりは、両手鎚はトゥールハンマーが実質最強武器でそれ以上の武器は見た目ネタでしかないという現状(ここまで攻撃力上がってたらわかりませんが、それ以上に入手法が……)と竜眼開放の修正がない限りはネタ武器の域をでないでしょうね…旗

No title

個人的には旗で戦うのは格好いいと思うんですけどね。棒術の格好よさ+はためく布の格好よさで。でもまあ、そう感じるのは少数派なんですかねえ。

そして、どうでもいいことですが……美しいトンカ、調べるの忘れてたorz

No title

あたしも旗、いいと思うよー。綺麗なんだし^^
くるくる巻いているところも、ちょっとロールケーキを連想させます。

ところで。。。
ケーキといえば。なんだけど、エレさんのブログのリンク、
なんで”あの日”に飛んじゃうんだろ?あたしだけ?^^;

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。