スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦祭参ーあとがきっぽいものー

さて、今回は先日行われたPVPイベント「戦祭参」に関する裏話じゃないけど、独り言的なメモをつけてみたいと思います。と同時に次のイベントに関する予告もあれこれ。


PVPイベントも今回で10回目となりました。いろいろやってきましたが毎回問題になるのがレギュレーションによる禁止スキルです。前回から導入したKISS(キルドスキルシステム)は参加者がリアルタイムに相手の禁止スキルを設定するというある意味で究極のレギュレーションです。各職業バランスをできるだけ均等に取ると同時に戦略的深みを持たせています。

現在の対人戦ではとくに、スキルの過剰な倍率が問題になっています。簡単に言うと即死が多すぎて、戦闘中のリカバリーが利かずに一撃で勝負が決まってしまう局面が多くなってきました。そうした戦いは駆け引きが希薄になってしまいます。

そうした現在の状況を踏まえると、いくつかのスキルの禁止は必然です。ただ、一元的な基準で禁止スキルを決めても職業間でやはり価値観が異なってきますから、万人に納得のいくものは難しい・・・という、まぁ、ある意味逃げの思想でもあるのですが。

おもしろいのは、KISSレギュレーションによってプレイヤースキルが如実になってきたところです。簡単には言えませんが、強力なスキルがあるがゆえにその方向にキャラ育成が画一化してしまった戦い方ではKISSレギュレーションでは不利になるということです。身も蓋もない言い方をすればワンパターンな攻めを余儀なくされる職は不利になったといえます。

反対に銃、弓などの通常攻撃に特色をもった職は有利ともいえます。特に銃や弓は意外といやらしいスキルが多く命取りになります。最近は互換装備が増え、アムブレをする銃や催涙をする弓も珍しくありません。

そういったところが今回の大会の弓銃勢の多さに起因したのではないかなーとも思っています。

でも前回までの大会を振り返ってみても銃はなかなか多かった・・・好戦的なのでしょうか?いままでどんな職業が多かったかなーというとー思い出してみる限り・・・

一番多かったのが闇でしょうか。次いで皿。剣士も多いです。これは剣士に活発で好戦的な人が多い(と思うのは私だけ?)からじゃないかなぁ。一時期まではこの次に商人さんが来ていました。アルカナやライオットに修正が入る前の時代ですね。ついで銃、ドルといったところでしょうか。ドルさんは銃や剣士さんについて出ることが多いようでSUさんとのコンビはなかなか見られません。ここからがくんと落ちてアサシン。この職は有利なようですが、過去の大会では透明を禁止にしている時代が長かったのです。ナイトも出場したのはおそらくアサシンさんと似たようなものでしょう。最初期はなかなか多かったのですが、戦術が高度になるにつれて姿を消してゆきました。さらにおちて巫女さん。たたらべさん。農家さん。レンジャイさん。この辺はほとんど皆無といったところでしょう。たぶん通算1~2人くらい。

前回の大会では銃、弓が圧倒的上位を占め、次が防御に優れたサラ。ついでアサシン、剣士、ここからかなり人数減ってネクロ、巫女といった面々でした。

参加していただける職業の画一化は試合展開を盛り上げるためには望ましくないのでさらなる対策を運営サイドは設ける必要があるように思えます。

次いで。

KISSは高い戦略性を要求されるためどうしても敷居が高くなります。自分が相手を読むだけでなく、相手に読まれることを見越した準備をしなければいけないことから手数の多彩さが要求されます。さまざまな状況に対応できる人物こそが勝てるルールと言えるでしょう。これは大会のレベルを上げる反面、PVP初心者の方にはどうしても踏み入るのに躊躇するかなーとも思います。

KISSがヘビーユーザー向けだとすればライトユーザー向けのPVPルールも今後検討していかなくてはなりません。そうした試みが、それまでPVPに興味のなかった方に新しい間口を開くきっかけになるんではないかなーというささやかな願いもあります。

そうしたルールはRPBT(ランダムペアルックバトルトーナメント:過去に開催されたイベント。会場でくじにより参加者の組み合わせが決まるお遊びPVP大会)などで導入して今後もPVPを楽しむネタの一つとして提供できればなーとも思っています。

というわけでぼちぼちRPBTの第二弾を4月ごろ目途に初めて行きたいなと思っております。

ぇ 三月はなにするかって・・・??

春なので春コレしようかしら。

それについてはまた後日。

 


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。