スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECMⅨ-アクロニアン・ハローワーク

こんばんわ花姫です。

二次創作設定資料・アクロニアン・ハローワーク、F系最後のアサシンです。

どうぞ~♪

1.アサシン/コマンド/スカウト
コマンドとはFVG社による軍用ハンドガン量産が始まってからできた新しい分野である。その性格からアサシン、スカウト経験者が多く任命を受けるが軍隊内での部隊の種類をさすので本来職業としての分類としては正しくない。

2.スカウト・アサシンのはじまり
スカウトとは開設当初「何でも屋」の風合いが強かった。協会が様々な仕事を請け負い、それに見合った能力のスカウトを登録されたメンバーの中から選抜して指令を与える。その中には当然イリーガル(非合法)なものも含まれている。時がたつにつれ裏の仕事があまりにも増えすぎてしまったため協会は二つに分離し、表にも出せる護衛や陽動の任務を主に請け負う協会に所属する者をスカウト、裏の仕事のみを専門に扱う協会に所属するものをアサシンと呼称するようになった。

3.スカウト・アサシンの指令
スカウト、アサシンともに協会に所属する他の同僚たちの姿を見ることはまずなく、組織からの指令はマネージャーを通じてもたらされる。そのため所属員にも協会の全容はおろかマネージャー以外の構成員も把握できない。チームプレイを行うことはまず無く、そうした必要がある場合は捨て駒として傭兵がよく利用される。指令は日夜とわずある日突然もたらされ、期日内にやり遂げると連絡もなしに報酬が口座に振り込まれる。そのことからどうもマネージャー以外にアサシンを監視する者がどこかにいると思われる。この監視者は裏切り者のアサシンを暗殺する業務も負っており、俗にアサシン・アサシンと呼ばれる。

4.スカウト・アサシンの生活
そうしたことからアサシン達の生活は常に監視と死の恐怖が付きまとうが、逆にそれくらいのことには動じない精神を持っていないとやっていけない職ということである。しかし報酬は高額であり、F系では一番の稼ぎ頭である。その報酬は平均的なドラゴンスレイヤーの3倍とも言われる。裕福な生活をしているものは多いが貯金が嫌いな者がほとんどであり、酒、女、食事など刹那的な浪費が多い。固定資産には執着が無いのは「自分がいつ死ぬかわからない」という気持ちが強いためだと思われる。そのためか、孤児院などに多額の寄付をするものが実は多い。休暇は自由に取れないが指令が下されるまでは常に休暇のようなものであり実質週休5日とも6日ともいわれる。

5.スカウト・アサシンの給与
アサシン達にはランクが設定されており、一定以上の実績を上げると昇格する。ランクはC、B、A、S、SS、SSSまである。初級のCでも死亡確率の高い任務が回されてくるため最初から給与面では他職に勝る。

6.アサシン・アサシン
アサシンの中でもずば抜けて高い技量を持っている者のもとには協会から使者が訪れる。それは昇格試験であり、のぞむならアサシン・アサシンに昇格できる。しかし仲間の監視をし裏切り者を排除する冷酷な職業であるため大変血なまぐさい。ただ給与面ではSSSクラスのさらに倍近い高給取り。

7.育成機関
協会側から見るとアサシンは身元が不明である人間のほうが扱いやすいということもあり、ほとんどの場合は孤児院から選抜される。そのためにいくつかの孤児院を経営もしている。ほとんどの孤児院の子供は暗殺者デビューは18前後であるが、才能のある子供の場合は14前後でアサシンとして活動を始める子供もいる。

8.はぐれアサシン
アサシンの中には自由を求めて協会の支配から抜け出そうというものもいる。そのようなときにはアサシン・アサシンとの対決に勝たなければいけない。勝ったとしても協会からの追っ手から隠れて暮らサ無ければいけない。

8.軍から見たアサシン
こうしたはぐれアサシンたちは全体を通してみると意外と数が多い。そこに目をつけたFVG社兵装部が軍に提案したのが特殊部隊計画「コマンド構想」である。スピードと隠密性を生かした特殊工作部隊で主に敵要塞への潜入工作を任務とする。最初にこの計画に参画したのはサウス連邦であり世界最初のコマンド部隊が編成された。元アサシン達で構成された本舞台は対トンカ線の湾岸砲撃戦において大きな役割を果たし、全世界がコマンド部隊の実用性に着目することとなった。

9.誇り高き暗殺者
アサシン達は年をとりある程度の能力の衰えを感じるとフっといなくなる。協会の事務職にうつったのか、秘密隠蔽のためにアサシン・アサシンに消されたのか… そもそもアサシンたちは自分以外の同僚の姿も先輩の姿も見たことが無いので「アサシン」というものが最後にどこに行くのかまったく知らない。すべては闇の中でしかない・・・



長文、呼んでくれてありがとうございました!

次はバックパッカー系に入っていきますが少し時間を置くかもです・・・

スポンサーサイト

Comment

No title

力作お疲れ様です! どれもとっても楽しかったです。BP系、そしてSU系も期待してますよ~!

ところで、フェンサーとナイト、そしてダークストーカーの呼びわけは、何で決まるんでしょーか?

No title

一回コメント書いたのですが、うまく書き込めなかったようで……万一重なっちゃってたらごめんなさい。

力作お疲れ様です。どれも面白かったですよ。BP編、そしてSU編も楽しみにしてます。特にタタラベがどうなるか……わくわく♪

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。