スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後記:そして次の行方

「P.E.T!」を開催するにあたって、

一つ大きなテーマがありました。

それは「観戦」するイベントから

「参加」するイベントへのシフトです。

いままで花組の主催するイベントは「ステージ型」のものが主であり、

基本的に16人~32人程度の参加者がPVPやファッションショーなどを

一定のステージ上で展開し、参加者がその戦いやパフォーマンスを

自由に観戦できるというものが多かったのです。

たくさんのお客さまに見に来ていただいて楽しんでもらえるのは

うれしい事に違いありませんでしたが、受動的な立場から能動的な立場に

立ち位置を変えることで得られる独特の楽しさというのは

一回体感してみないとわからないものでしょう。

参加する楽しみをより多くのお客様に味わってほしい!

こうして新しいイベントを企画するにあたって、かなり初期段階から

「能動的な楽しみ方をお気軽に提供する」というメインコンセプトが

できあがっていました。

それに加えてもう一つ大きな要素が「仲間との出会い」でした。

だれしもMMORPGを始めたばかりの頃は、

出会うPTメンバーは初対面の人ばかりだったはずです。

そこで良い出会いも悪い出会いもあり、今の環境が築かれたと思います。

しかし、次第に新しい人との出会いも希薄になり気の知れた仲間と

だけ遊ぶようになっているのではないでしょうか。

別にそれが悪いと言っているのではなく、

ならここでひとつ、新鮮な「出会い」を提供して、

初対面の人と気を使いながらコミュニケーションを進めていく

楽しみを思い出してもらおうと画策したのです。

その結果生まれたのがペットを目印にして出会うというアイデアです。

いくつもの要素が絡むこのようなイベントは第一印象で内容が

伝わりにくいという弱点を持ち併せます。

「武術大会」や「ファッショコンテスト」などのように

名が体を表すようなキャッチーなわかりやすさがないからです。

そういう意味では我々にはシンボルとしての「ペット」という概念は、

最大限利用すべきところでもありました。

はじめてあった方々はなにを話題にしたら盛り上がるだろう。。。

どのくらいの難易度ならパーティーで会話する余裕があるだろう。。。

こうして会話の種を撒くことによってPETが出来上がりました。

しかしどういったものであったもイベントで実感するのは、

お客様をの力を持ってみて初めてイベントが完成するという点です。

運営は単に軸受けを配置するだけ。お客さまこそがあって初めて

歯車は回ることができるのです。

今回集まっていただいた、

たくさんのお客様への感謝を忘れることはできません。





次回→
既存

冬コレ?
ファッションショー系イベントは運営方法は枯らせてますから
定期的に開催したいですね。需要があれば。

PVP
過去12回の開催を経て完全に枯らせてますからいつでもこいですね。
ただ需要が継続的にあるのか。。。古典的な大会だけに新し層の開拓
が難しいですからね。というか私も出場したいのでPVP大会の運営を
誰かに委託したい今日この頃。RPBTもやってもよいな。

P.E.T!
苦労したものの同じメンバーで組めれば技術は確立しているはず。
なにより今回参加してくれた方の体験ブログの影響でイベントイメージが
参加していない方にも伝わったはず。根気強く開催することによって
一般に広く浸透すれば化けるか。需要があればまた。

新規

クイズ大会
PETで養ったノウハウを生かしてウルトラクイズみたいなんを開くか。
当日参加枠を広く取れるのが強みか。場所移動がないのが強みだが、
イベントにかかる時間がおよそ未知数で計算しずらい。



花組のイベントはPVP系とその他を交互に行っているので、
次回はPVPかなー RPBTでもいいですなー


追記:
花組ではイベントスポンサー様を常に募集しています。
賞品など提供してもいいという方はご一報お願いします!





スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。