スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦祭Limited+/攻略編

L

来る10/24(土)に行われる、レベル別負荷変動型対人大会『戦祭Limited+』。
大会前にレベル別各レシオ事の特色をまとめてみました!
ぜひチームを組む場合のご参考にしてくださいね♪

賞品も、2大会合計で150M相当の品が出ますよ!

戦祭Limited+のルール、詳細はこちら!


まずはこちらのレシオテーブルをご覧ください。
レシオテーブル詳細についてはこちら!レシオテーブル

Aレシオ攻略
概要:
筆頭者のレベルが110~95の場合に設定されるAレシオは現在演習等をたしなむ方のほとんどが属することになるレシオかと思います。このレシオは特徴として最大2名の人数制限やマリオネット、憑依の禁止など数多くの禁則が設けられており、普段どおりの戦略が組めないという意味では窮屈な思いをするかもしれません。

攻略:
全レシオの中でほとんど唯一50スキルを自在に操るレシオといえますので火力は万全。禁則が多いことでできた弱点を補えれば獅子奮迅の戦いが可能です。憑依やマリオネットが禁止されたことにより複数職の波状攻撃、多角的な攻めにどこまで対応していけるかが鍵となりそうです。特に状態異常に関しては若干弱いので注意が必要です。

Bレシオ攻略
概要:
筆頭者のレベルが94~85の場合に設定されるレシオ。憑依が解禁になっているのが大きな特徴で、ほとんど普段通りの動きが可能です。レベル制限はやや厳しいですが3人タンクを組むことも可能ですので、このレシオでチームをくむ場合は高レベル2人のタンクにハンデキャップポーションを多めに搭載するか、かつかつのレベルを割り振って3人タンクを組むかに分かれるでしょう。

攻略:
憑依可能ということを最大限に生かし、弱点を補った構成でタンクを組めば高レベルにも対抗できる戦力となるでしょう。ポイントとしては防御面の充実が必須事項となりますので、Aレシオの高い火力に対応するためにソ-サラーやアサシンなどの透明化スキルを基幹にタンクを構成したり、催涙グレネードなどの状態異常攻撃を習得したキャラクタで敵の動きを封じるなど多彩な方法で敵の攻撃をできるだけ喰らわないようにしましょう。職業によってはVITがかなり高いキャラクタもAレシオには存在しますので対抗手段としてバレットダンスなどの高倍率スキルがあると有利になるでしょう。

Cレシオ攻略
概要:
レベルはさらに下に下がり80レベル付近での戦いになります。このレベルになると80のキャラクタ3人でタンクを楽に組むことができます。また、チームのPT最大数が8人枠まで開放されていますので、レベル1付近の方を枠いっぱいまで加えればハートスキルを実用レベルで使えるようになります。「俺に任せろ!」による攻撃力の底上げや、「必殺・・・・・・!」による手数の増加だけでなくブースト召喚によるコンボ攻撃も視野に入るようになります。

攻略:
ネタと評価されがちですが、ハートスキルもレベル7まで高めれば必殺……!は攻撃力1250%。フェニックス召喚の持続時間も300秒と非常に強力です。効果時間はスキルによって様々ですがそれぞれ有効に使える職業というものがあり、例えば持続時間の短いスキルならばアーチャー系列が射程から言って有利に扱うことができます。CレシオではBレシオ攻略で記述した状態異常戦術がさらに重要さを増してきます。アーチャー系列以外のF系ではこのレベル帯ではレベル100台のF系を相手に常時命中させるだけのDEXが確保できない可能性が高いため、前線でブレイドマスターなどを活躍させたい場合は催涙グレネードの補佐が有利に働きます。工夫さえすれば3職以上導入可能なこのレシオはかなりバラエティに富んだ攻めが可能になります。

Dレシオ攻略
概要:
70~61という中レベル向けのレシオです。MAX70ギリギリならば4人でフルタンクを組めるほか、2人タンクを二つという構成も可能です。職業構成によってはかなり強力な攻めが可能となります。
DレシオからソーサラーJOB10スキルである『ソリッドオーラ』が使用可能になります。レベル5なら物理攻撃を7回無効にするというこのスキルは低VITになってくる70付近のレシオにとって有効な手段の一つですが、状態異常攻撃に弱いという一面も持ち合わせていますので注意が必要です。

攻略:
このレベル帯は補佐系のスキルが充実してくる反面、直接的な攻撃スキルに乏しく決め手にかける向きがあります。攻撃力の底上げのためにアーチャーやエレメンタラーなどで属性を付与して属性魔法を叩きこんだり、武器にあらかじめ属性を付与させておくなどといった工夫も必要になってくる場合もあります。手数は自然と多くなるので職業の組み合わせによっては脅威の威力を発揮するレシオです。

Eレシオ攻略
概要:
さらにレベルは下がりレベル53~60帯にてMAXぎりぎりでも主力5人でPTが組める組み合わせ。以下のレシオからはマリオネットが使用許可されていますので、さらに戦略の幅が広がります。ステータスの振り方によっては、マリオネットによるプラス分を加味すると単純に一つ上のレシオを上回るかもしれません。

攻略:
マリオネット使用可能なことの一番の利点として挙げられるのが、べリルを使用したインビジブル強襲です。これにより透明スキルを持たないメンバーを基幹としたチームでも透明状態からの奇襲が可能となります。また、インスマウスやエレキテルなどの戦闘用マリオネットを使用する場合は、あらかじめマリオネットによるステータスのプラス分を計算したステータスのふり方にすれば、一段階上の戦闘力を得ることができます。マリオネットによる戦闘を主軸としたプランをしっかりと練ればおのずと強力なチームとなるでしょう。5人になってくると各人がいろいろいな動きが可能なので役割分担をはっきりときめておくことが鍵となります。

Fレシオ攻略
概要:
筆頭者のレベルが41~52となる場合のレシオです。特徴はレベル最大合計値が大きく開き320あることです。レベルMAXの52で8人PTが、レベルMINの41で10人チームが楽に作れる計算です。このレシオの目玉は転職したてのキャラを主幹とした多勢に無勢攻撃でしょう。もちろん主力となるスキルには程遠いですが、レベル52代にもなれば二次スキルも20程度までは広がり、ある程度のバリエーションが備わっています。10人以上でPTを組む場合、支援や同士討ちなど支障が出ることが有り、PT構成には最新の注意が必要です。

攻略:
飛躍的に人数が増えるのがFレシオの特徴です。人数が増えるということは、一人目が死んでから全滅までに時間がかかるという点をあらわしています。そういう意味ではドルイドさんなどによる蘇生が大変重要になってきます。10人という縛りを生かしてレベル30付近のウァテスさんを蘇生専門メンバーとして憑依してもらうのも一つの手です。防御に関して言うと、ここまで手数があれば楽に状態異常にかけることができるでしょう。ただやはり問題は火力不足です。順調に事を運ぶには、状態異常をかける人、攻撃する人、べリルでインビジブルを唱える人、蘇生する人、属性を付加する人、などなど、様々な役割分担を整えることが重要です。このレシオだけに限ったことではないのですが、人数が増えれば増えるほど互いのチームワークが鍵となってきます。



さて、以上単なるトピックのつもりでしたが長々と書いてしまいました^^;みなさんのピンと来るレシオは有りましたか?いろいろ難しいことを書きましたが実は特に難しいことは考えなくても結構です。ここまでがちがちに固めたチームなんて滅多にできるものではありません。まずはあなたと隣の人、同じリングの方、いまPTを組んでいるお友達に声をかけて、チームを作るところからはじめてみませんか?今回は150M以上相当の豪華な賞品も出ますしね♪


戦祭Limited+のルール、詳細はこちら!


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。