スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャットの選定に気をつけたいこと

誰に向けるかを考える

司会が進行する場合に適しているチャットとはなんでしょうか?リングイベントであればリングチャットも十分選択肢のひとつではありますが通常の不特定多数を相手にするイベントのの場合多くはチャットルームを使用するかopenチャットを使用するかに分かれると思います。これらは一長一短がありますので使い分けが必要でしょう。

チャットルームの利点としてまず思いつくのはセキュリティの高さでしょう。イベントに参加しない方々には聞こえないためお客様のプライバシーは確保されますし、何よりパブリックな場所を会場に選んだ場合には通りすがりの方に自分のオープンチャットが聞こえるのを防げます。

反対にオープンチャットは自分の声が通りすがりの方などに聞こえてしまうという欠点はありますが、逆にそれが大きな強みともなります。途中からイベントに参加された客様でチャットルームの存在に気がつけないかたもいますし、チャットルーム自体の定員が100名ということもあって大規模なイベントでは全員が入りきれないことなどザラです。

私のお奨めは、『司会はオープンチャットで進行』を進め、『お客様にはチャットルームで雑談をしてもらう』というスタイルです。わいわい騒いでイベントを見学したい場合でもオープンチャットで騒ぐのはなかなか勇気のいる行為とかんじるお客様もいます。そういった意識のバリアを取り除く役割としてもチャットルームは優秀でしょう。

司会の発言のみを白字(オープンチャット)で表示することでご案内が見えやすくなるという利点もあります。




明日は会場の選定についてです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。