スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告②

なんで近況報告に2日かけるのかと(笑)

というわけですみませんけど今日も近況報告です。
最近読んだ本
面白かった順。読書量は多くないですがとりあえず覚えてるのだけ。
感想はネタバレ含むので白字で伏せてます。
好き勝手言ってますがあくまで個人的な感想なので勘弁してくださいw


新参者(東野圭吾) ★★★★★
文句なく面白いのでオススメです。ジャンル分けをあえてするならサスペンスのはずなのですが、全体を通して暖かい空気が流れていて人間ドラマがクローズアップされています。そのどれもが人間の実生活でありがちないろいろなドラマを描いていて感情移入できます。「こうであればいいのにな」という小さな願いが届く世界。読み終わったあとは実にすがすがしい気分になれます。トリックを求める人には若干物足りないかも。

悪意(東野圭吾)  ★★★★☆
トリック好きにはこちらがいいでしょう。作者自身のトリックに気がついたらはまっているあなたが必ずいます!これも面白かった~。この作品のキモは・・・いやこれに関してはやっぱり言わないほうがいいので言わないことにします。気になったら読んでクダサイ。人間の生み出した「文章」というメディアの罠にとらわれる作品。

笑う警官(佐々木譲)★★★☆☆
内部告発する警官を題材に扱ったハードボイルドなサスペンス物。楽しめたけれど良くも悪くもちょっと古臭い感じが漂う。途中から主人公の論理展開がかなり怪しくなってきて、なんでも力強く言えばいいもんじゃないよwwと思っていたが。原題が「うたう警官」。映画化に伴い改題されたようですが「うたう警官」の方がこの小説単体としては良かったんじゃないかなぁ。うたう警官なら最後の一行の重みがどっぷり増したと思うんだけれど。出てくる登場人物のキャラがみんな立っていてすばらしい。

掏摸(中村文則)★★★☆☆
スリの達人の生活を描くサスペンス(?)ほとんどの人が関わることのない「ろくでもない人間の生活」を仮想体験させてくれる興味深い作品。その描き方も繊細で入り込んで楽しめた。ラストは典型で予測できるものだが最後にその局面に達したときの主人公はかなりかっこよかった。全体的にはチラ見せの部分が多くて伏線の消化不良が多い感じ。

東のエデン(神山健治)★★☆☆☆
設定偏重で地味なアニメって言うのはノベライズに向いているんでしょうね~悪くはなかったです。もともと文字情報が多いアニメだと思うのでノベルのほうがわかりやすかったり深みが出る部分は多く、アニメよりこっちのほうがいいんじゃないかと正直思います(ぉぃ)ちなみに作者は本業の小説家ではないのであしからず。(アニメの監督さんです)小説として評するには酷かと(@´ヮ`@)
 
自己プロデュース力(島田伸介)★★☆☆☆
島田伸介氏の講演を本としてまとめたもの。正直、島田伸介氏なら本を書くならちゃんとしたのを書くから、出版社は余計なことをするナという感じ(笑) 島田氏が芸人の卵について行った講演なので私たち一般人が自分のものとして消化できる言葉は思ったより少ないと思う。

植物図鑑 ★★☆☆☆
OLに受けそうな恋愛小説。文体が妙に軽くてたまにイラっとする。ちゃんと校分入ってるのか!?と思ったらもとは携帯小説らしい。なるほど。より若者文化に密着した文ということだろうか。だからといって「料理する」を「料る」というのはやりすぎだと思う… 女の子視点で話がつづられるんだけども、世の男子諸君が読んだら怒るんじゃないかと思うくらい身勝手(笑)

最近やっているゲーム
出張先で夜暇なときにフラッとゲームセンターに行っちゃいます。
最近やっているのはもっぱらSEGAのボーダーブレイク
オススメです!是非チャレンジを!

うちはトマトというキャラクター名でB5あたりでうろうろしております。
見かけたらお手柔らかに(@´ヮ`@)
スポンサーサイト

Comment

No title

「ゲノムの方舟」「龍の仮面」(佐々木 敏)オススメ

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。