スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リングイベント、これだけやれば大丈夫!!②

ざっとこれだけやれば大丈夫!

リングイベント編は全3回構成にしまして、できるだけ具体的にざっとまとめようかと思います。今日は企画からイベント終了までの具体的な流れをご紹介します。この通りにやれというわけではありませんがイベントを全くやったことがない人に向けたわかりやすいモデルケースだと思います。

①思いつく
どんなイベントをしたいか思いつきましょう。かけっこ、おにごっこ、トランプ、PVP、宝箱狩り、など。あなたの思いついたことを形にしていきましょう(アイデアのヒントは次回の連載で述べます)

②考える
アイデアを実際にどうしたらECOで実行可能か考えましょう。この時点で「無理!」という結論に達すれば①に戻りましょう。また実際に自分のリンメンに当てはめて、そのテーマで楽しんでもらえるかも勘所になりますからよく見極めましょう。

③日付をきめる
準備する物などを十分推敲してからそれを頼りに日付を決めましょう。およそ一ヶ月後がオススメです。曜日、時間帯はリンメンのイン状況を見て適した日を選びましょう。

④会場を準備する
多くの場合は庭がお奨めですが、空いているシアターを利用する手もあります。そうした公共の場所を利用する場合は他の利用客に十分配慮を払いましょう。特にシアターは4つあるので場所の変更が容易です。闘技場などは時間帯によっては混むので下見を必ずしましょう。

④招待状を送る
ここまで決まったらリンメン全員に招待状を送りましょう。イベント名、内容、会場、時間を明記して参加可否を返信してもらいます。もちろん運悪くインできない方もいますから当日は参加で返信をしてくれた人数に加えて2,3人の飛び入りがあってもこなせる位の準備はしておきましょう。

⑤それとなく話題にする
イベントまでの数日間、リングチャットでそれとなく話題にすることでリンメンがリングイベントを忘れるのを防ぎます。これが意外と重要です。

⑥台本を作る
大体の流れを台本に起こします。メモ帳に脈絡なく打ち込んでおくだけでかまいません。時間のない方は自分用の式次第だけでも作成しておきましょう。司会をしだすとパニックになる人も大勢いますから、流れを思い出すなんて余計な事に脳を使わずに、脳みそは場の空気を読むことに専念したほうが懸命です。余談ですが台本はあくまで予定ですから、その場の空気優先でかまいません。

⑦当日-会場準備
1時間ほど先に会場に入って準備をします。公共の場所であれば看板で「リングイベントでお借りします」と書いておけばベターでしょう。必要なアイテムの確認をしたり今日の台本の流れを確認したりして心を落ち着けておきます。

⑧当日-本番
せっかくのリングイベントなので司会はリンメンと一緒に楽しみましょうw

⑨当日-終了
最後に挨拶をして終了!きっと皆さんが「おつかれさま!」と声をかけてくれるでしょう。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。