スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュトラウスはかくかたりき

さてそういうわけで今回は音プルルの話です。

今日はピアノを弾いてみた花姫♪です(うそ

今日のMVP


みなさんはもうご存知でしょうか?

ガーデナーとチケの陰に隠れて恐るべきアイテムが実装されていることを!!


それがこれだ!!

ドーは○○ーのードー


脅威の新アイテム音符ヘッド!

レーは○○のレ~


音符ヘッドは全部でド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・の7種類存在する。

それぞれ3オクターブとその半音上をカバーするのだ!

以下に詳細な仕様を記す。

・モーションに反応して音を出す。モーション対応は以下の通り。
ジャンプ   1オクターヴ上
お辞儀    原音
土下座    1オクターヴ下

回転2    1オクターヴ上の半音上
君に決めた 原音の半音上
回転1    1オクターヴ下の半音上

・マリオネット状態、メタモルフォーゼ状態などではエモーションをしても音はならない。

・タイタニアなどお辞儀に時間がかかる種族では音が出るまでに若干のタイムラグがある。(空中に浮いていることによるもので傘やブーケを装備することで解消可能)

・半音上(シャープ)はミやシで使っても音が出ない。ピアノの鍵盤を思い浮かべてもらえばわかりやすいかと思います。

・同じヘッドを装備している場合は原音→半音上→1オクターヴ上などのつなぎは割りと早くできるが、そこまで連打できない。感覚的に言うと常用テンポでは16分音符を正確に一人で刻むのはむずかしい。

・ジャンプなどの着地音や例えばタイタニア女の回転後のゆびでっぽうなどの音はきちんと出るようになっているため、消したければ別のエモーションでエモーションキャンセルをして消す必要がある。

・ショトカを駆使すれば一人でも演奏が可能である(テンポはとりようがないが)だが、装備切り替えに対して発生するラグにより、速度に限界がある。というより一人ではべらぼうに遅い。

・個別のPCの処理速度に音の出るタイミングが依存しているらしく、例えば移り変わりの速い曲を一人で弾いたときには装備を切り替えながらするわけですが、「絵画速度の速いPCで出ていた音」が「処理速度の遅いPCでは出ていなかった」りする模様。



さて、うちはまず一人でどこまでできるのか練習してみた。


ショトカ1



最初のショトカはこんな感じ。とりあえず全部の音をカバーできるようにしてみたが、どうもALTの反応が悪い。音符の装備タイミングこそが命である。これはいけないと変更。

ショトカ2


下の1オクターヴは捨てた形になったがいろいろ試してこれが一番と思う。
慣れれば原音のシから上のドまでも楽に移動ができる。
もちろん楽と言っても装備時のラグと格闘しながらです。

演奏時はF9を押した瞬間(タイムラグはあるが)に音はなりますが、装備時のラグを考えるとF1~F7までのショトカで音階を決定するのはなるべく早いほうが良いでしょう。裏拍、と言いたいところですが裏拍以上を狙わないと厳しいでしょう。


テンポの遅い曲は練習すればそこそこいけます。

具体的には・・・

初級編・・・きみがよ

中級編・・・島歌、大きなのっぽのフル時計、ハッピバースディトゥーユー

上級編・・・ホルスト「惑星」より「木星」


でもやはり実際には一番最初の写真のように7人以上で

演奏するのがタブン本来ある姿。

というわけでやってみた(笑)

曲目は全部の音にムラなく音符が配置されていて

かつ簡単な「ドレミの歌」ミュージカル「Sound of music!」のあれですね。

どんな感じでやったのか?

まず最初に一列に並んでもらいます。

つぎにそれぞれ看板で音階を表示してもらいます。

(この辺のSSないのすみません;;)

そして指揮の換わりにこんな感じでみんなを統率。


楽譜


この辺をマクロで順次表示しながら練習&演奏をしてもらいます。

つまりこれが指揮&楽譜になるわけです。

このアイテムでは自分の担当が1アイテムだけなので

下手に楽譜をおこすよりもこの方法でECO内でレクチャーしたほうが

わかりやすいかと思われます。ようは

「自分の出番がいつか?」というのを把握してもらえばいいので・・・

ですがこの方法だと「全員がメロディーラインを知っていること」が前提ですので

今回のような知名度の高い曲ではないと難しいでしょう。

何度か練習するうちに自分のパートを覚えてくれれば

マクロなしでも演奏できると思いますので、そうなれば

他の方もまぜて伴奏もつけることが可能です。

今回は最初ですし高度なことはせず単音でいきました。



では音楽で一番重要なテンポはどうやってとるのか?

さて、実はここまでは楽譜を読めない方でも簡単に楽しめるものだったのですが

テンポをもし確実にとり始めるとすこし話は変わります。

というのは若干の音楽的知識を必要とするからです。

拍のとり方という概念から説明しなければいけません。

単音でみんなで楽しむぶんにはみんなの知っている曲で

わいわいやりながらするとして、これで十分かもしれません。



というわけでここから先はうちの絵空事です。

音楽にちょっと触ったことある方、興味あるから読んでみるよという方、

ぜひ読んでください。

まずECOにはメトロノームがありません。

かわりになるものが何かないか?と思ったところ、

いい物を見つけました。

ポーションやドライフルーツ系のキャストゼロの回復剤。

これを誰かが正確なテンポで使用し続けることによって

その音を基準にテンポを刻みます。

全体のテンポを握るパーカッション役ですね。

まだ試してはいないですが複数の音を使い分けてドラムセット的な

使い方もできるかもしれません。

では譜面はどうするのか?

決まった書き方を決めて、それを読んでみましょう。

いろいろ考えたけどむずいw

マクロの中に「$R」で改行を持ち込んで

一拍一行と決めたほうが楽かもしれません

そうなるとさっきのマクロはこうなります。

楽譜・改


表示はこんなもの

指揮・改


今気づきましたが8拍目が抜けてますねwwwww

何してんだオレwwww

というわけでこれで全体の指揮、演奏の方法としてはひとまず提案できたかな?

まだまだ改良の余地はありますが一連のこの方式を

ハナヒメソッドと名づけます(ぉぃ

これよりフリージアにて布教していきたいのでよろしく(笑)

ひとまずは週一回誰にでも参加可能な簡単な音楽教室を開こうと

思っています。内容としては簡単な音階練習にはじまり、

簡単な伴奏なしメロディー単音の練習曲を1、2曲通せれば良いかな~

一回につき一時間~一時間半程度で毎週開催、参加者は毎回自由参加で

個別にコメで募集をかけると言う形が理想でしょうか?

ご意見があれば頂きたいです。

週ごとに内容がステップアップすると言うことはまったくなく、

かんた~んなレベルを継続していくことでみなさんに演奏に

慣れてもらうというのが狙いです。

コメで募集をかける場合はコメにはその日の練習曲を明記。

練習曲のメロディーを知っていると言いう方にきてもらえれば

いいかとおもいます。メジャーなものを中心にしていくつもりです。

ヘッドですがちなみに花姫は全種類2個づつ持っているのでおかしできます。

ぁ もちろんマイヘッド持参もぜんぜんおk(笑)

詳細は決まり次第のせます!!!

ちなみにもしリングやなんかでイベント的に一斉にやりたいと言うマスターさん

事前にお話をいただければこちらで特別にプランを練りますので、

ご一報いただければと思います♪




スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

自動更新で予約yしといた記事がアップされてて自分でびびったっす(笑) ネット復活しました~ ご心配をおかけして申し訳ありません。 ガーデナーイベントも埋め合わせをしっかり考えていきますからよろしくおねがいします^^v

No title

おぉ~~>w<
花姫さんはいろいろなことを生み出す天才ですね^^
今回のイベントはテストと同時期だったので、音頭はまったく手に入っていないのですが…><お時間が合えばいってみたいものですw

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。